<日本尺八演奏家ネットワーク(JSPN)第2回定期公演>
Japan Shakuhachi Professional-players Network 2nd Regular Concert

楽音+噪音≒尺八音

―尺八の音は「楽音」と「噪音」をどう行き来しているのか―

Musical-tone and Noise-tone included in Shakuhachi-tone


2021年5月13日(金) 豊洲シビックセンターホール

【無観客公演となりました】

料金 : 前売り¥5000[学生・会員¥4000]/当日¥6000 

【無観客公演となりました】

出演 [尺八] : 日本尺八演奏家ネットワーク(JSPN)会員

​作曲:愛澤伯友(特別会員)/関一郎(指揮・正会員)

​解説:志村哲(尺八研究家/大阪芸術大学教授/特別会員)

※古典曲および楽音・噪音と尺八について

デザイン:酒井利政/田辺洌山

主催:日本尺八演奏家ネットワーク[JSPN]

助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京

後援:公益財団法人日本伝統文化振興財団/有限会社邦楽ジャーナル

企画制作:田辺洌山(和傳社office)

 音楽を学ぶための入門書的な「楽典」の著書の冒頭には、必ず音の種類として「純音・楽音・噪音」の記述が有ります。純音=倍音を含まない単振動の音(時報や音叉の音)/楽音=純音ではないが規則的な振動を持つ音(多くの楽器音)/噪音=不規則な振動による音(打楽器などの打撃による音・聞きたくない音:騒音とは異なる)概ねこのような記述があり、西洋楽器の多くは規則的な倍音の構成により、個々の特徴的な音色となるとのことも記されています。
 一方和楽器では三味線の「サワリ」や能管の「ヒシギ」・尺八の「ムラ息」などの、規則的な倍音を有さない非楽音(噪音)とされる音色や奏法を大切に育んできました。
 尺八においては楽器そのものにそれほど改良を加えず単純な構造のまま微細な音色の変化を尊重し、「ムラ息」や「玉音」「コロコロ・カラカラ」等などの非楽音(噪音)とされる音を大切にし育んできたからと考えられます。そのような進化は簡潔さの中に美があり、そこに魂や霊が宿り神や仏に近づくという日本独特の美意識や思想が音に反映されているのではないかと考えられます。そこで日本唯一のプロ尺八演奏家団体として、旋律を受け持つ「楽音」と尺八独特の「噪音」をテーマとして取り上げることにより、尺八音楽の原点である「音色」や「奏法」「表現」に向き合い深めていきたいと考えました。
オモテ.jpg
ウラ.jpg

<プログラム>


【第Ⅰ部】 

海童道 道曲「山 越」

尺八 小濱明人


越後明暗寺「三 谷」

尺八 神 令


琴古流本曲「鹿の遠音」

尺八 倉橋容堂 石川利光


都山流本曲「春の光」

尺八一部 川村泰山 武田旺山

尺八二部 野村峰山 田辺恵山

​尺八三部 山口連山 柴 香山

【第Ⅱ部】 

尺八三重奏曲「風 動」 杵屋正邦 作曲
尺八Ⅰ 難波竹山

尺八Ⅱ 田嶋謙一

尺八Ⅲ 元永 拓

 「quo ego vado」 愛澤伯友 作曲/新作初演
尺八 石垣征山 岩田卓也  大河内淳矢 大山貴善 小濱明人 川村葵山 小湊昭尚 田辺頌山 田野村聡 松本宏平

「五群の尺八のためのPentatonic Concerto」 関一郎作曲/新作初演
指揮 関一郎

尺八Ⅰ(1.6+1.8/E・D) 大山貴善 善養寺恵介 竹井誠(1.1/A持替え) 田野村聡 

尺八Ⅱ(1.8/D) 岩田卓也 川村葵山 徳丸十盟 米谷和修 

尺八Ⅲ(2.1/H) 坂田梁山 田辺頌山 本間豊堂 松本宏平 

尺八Ⅳ(2.4/A) 大河内淳矢 小濱明人 田嶋謙一 原郷界山 

尺八Ⅴ(2.7/G) 大賀悠司 小林純 元永 拓

(出演者名は五十音順)​

omote.jpg
1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
ura.jpg