Image-empty-state.png

正会員

星田 一山(2020.12/14逝去)

幼少の頃より都山流尺八演奏家初代星田一山(祖父)に師事。初代没後二代
星田一山(父)に師事。二代没後平成16年 三代 星田一山 襲名。
大阪音楽大学では箏・三絃を専攻し、人間国宝 故菊原初子氏に三絃を、箏を宮城会故須山知行、中島警子両氏に師事。卒業後は尺八演奏家として歩みだす。都山流本曲コンクールでは2度文部大臣賞を受賞。NHKTVやFMに多数出演。大阪音楽大学では尺八の実技指導のほか、箏・三絃専攻学生に対し尺八との合奏指導授業を担当しております。また長年二つの邦楽合奏団「鼎」・「紫陽花」(箏・三絃・尺八・打楽器等)の常任指揮者として活動し、その他多くの団体より依頼を受け指揮、指導を行っています。初代星田一山が設立した「都之雨社」は2021年に100周年を迎える。現在 大阪音楽大学講師、都山流竹琳軒、都山流参事、都山流講士、都之雨社(としゅうしゃ)会長