特別会員

特別会員

志村 哲

大阪芸術大学音楽学科で音楽工学を専攻。電子音楽、コンピュータ音楽の世界における伝統邦楽様式の継承、邦楽の録音技術を研究。Cyber尺八による竹管の宇宙《電脳巣籠》がICMC1994デンマーク,1996香港に入選。また歴史的尺八伝承者・演奏家のLP, CD、データベース制作に従事。尺八を竹保流開祖・酒井竹翁、三世・酒井松道に師事するとともに月溪恒子と全国尺八史料調査を行ない各地の虚無僧尺八の技法を学ぶ。尺八の音楽学・楽器学的研究で博士(学術)。国際尺八フェスティバルほか国内外で古管尺八の価値の再評価について講演・演奏。また、地無し尺八により様々な前衛的作品を初演。近年は神社仏閣での奉納演奏、日本音楽教育の再構築、尺八博物館運営に傾倒。大阪芸術大学教授(音楽・音響デザイン、尺八実技、音楽文化学)。東洋音楽学会、日本音楽学会、民族藝術学会、情報処理学会会員。明暗寺虚竹禅師奉讃会常任理事、虚無僧研究会終身会員、兵庫県日本文化教育振興会理事。