特別会員

特別会員

藤本 草

1950年、東京都出身。青山学院大学経営学部卒業。76年、日本ビクター株式会社入社。伝統音楽、民族音楽、クラシックを専門分野とする音楽・映像プロデューサーとして、1000タイトルを超える音楽・映像作品を制作。毎日出版文化賞、文化庁芸術祭大賞・優秀賞、レコードアカデミー賞等を多数受賞。学芸部長、ビクター伝統文化振興財団制作部長を歴任後、同財団理事長就任。財団名称を日本伝統文化振興財団に改称、公益財団法人認定を受ける。これまで、東京都文化発信プロジェクト委員、歴史的音盤アーカイブ推進協議会副代表幹事、国際交流基金邦楽団体評価委員、東京・邦楽コンクール審査委員長、長谷検校記念熊本全国邦楽際審査委員長等を歴任。現在、公益財団法人日本伝統文化振興財団理事長、公益社団法人日本小唄連盟副会長、公益財団法人全国税理士共栄会文化財団理事、一般財団法人合唱音楽振興会理事、国立劇場専門委員を務めている。著書に、「アーカイブのつくりかた」(共著、勉誠出版、2012年)、「アーカイブ立国宣言」(共著、ポット出版、2014)