特別会員

特別会員

野川 美穂子

東京芸大大学院修了。お茶の水女子大にて博士号取得。東京藝大、日本映画大、東海大、武蔵野音大、法政大学、国立音大ほか非常勤講師。近世を中心とする日本音楽史を研究。著書に『地歌における曲種の生成』(第一書房、平成18年)。共著に『軍記語りと芸能』(汲古書院、平成12年)、『日本の伝統芸能講座 音楽』(淡交社、平成20年)、『まるごと三味線の本』(青弓社、平成21年)、『地歌・箏曲の世界 いま甦る初代富山清琴の芸談』(勉誠出版、平成23年)など。平成13年に(財)清栄会奨励賞、平成18年に第23回志田延義賞(日本歌謡学会)を受賞。